2015年の空き家・地方に関するニュース

2015年の空き家・地方に関するニュース

2015年の空き家・地方に関するニュース

2015年の空き家・地方に関するニュースです。

 

 

■2015/12/29

 

【田舎暮らしの本】2016年版「住みたい田舎」ベストランキング発表!兵庫県朝来市、鳥取県岩美町が同率1位を獲得!

 

毎年恒例の「田舎暮らしの本」の住みたい田舎ベストランキングです。

1位 (同率1位) 兵庫県朝来(あさご)市と鳥取県岩美町

 

3位 佐賀県武雄市、大分県豊後高田市、大分県宇佐市

 

こちらから、田舎暮らしの本の最新号やバックナンバーの中身を数ページ読んだり、田舎暮らしの基礎知識、全国移住相談窓口などを見ることができます。

 

 

 

宝島社『田舎暮らしの本』2月号、「2016年版 住みたい田舎ベストランキング」

 

 

以下の情報も参考にしてみて下さい。

兵庫県 朝来市空き家バンク

 

→竹田城跡で有名ですね。

 

朝来市定住情報

 

鳥取県岩美町 移住定住支援施策「いわみ暮らし」

 

佐賀県武雄市 「移住」

 

→ツタヤや図書館で有名ですね。

 

大分県豊後高田市 定住支援情報

 

→以前から移住に注力しています。

 

大分県宇佐市移住安心ガイド

 

 

■2015/12/28

 

うちへおいでよ! みんなでつくるエコビレッジ

 

Webマガジン コロカルのエコビレッジ のシリーズ記事です。

 

 

■2015/12/8

 

高齢者移住構想 3500人計画 15市町が受け入れ

 

高齢者、地方移住 金沢の民間施設、73歳「理想通り」 仕事・交流・趣味の畑

 

健康な定年前後の人の地方移住を促す日本版CCRCなどに関する話題です。

 

シェア金沢はメディアでもよく取り上げられています。

 

 

■2015/12/8

 

<人口激減の足音>相続契機に首都圏へ

 

秋田県の個人資産について、相続のタイミングで首都圏に資産が移動するとのことでした。

 

1県に1つ以上、仕事/子育てについてのモデル都市みたいなのを作るという案はどうでしょうか。

 

潜在的な能力を秘めている都市は多く有るんじゃないかなと思います。

 

 

■2015/11/22

 

軽キャンパーで長崎県移住体験プログラムを体験、その使い心地とは?

 

これは、最近移住を考え始めた方にも見てもらい記事でした。

 

がっつりの移住では無くて、まずは「観光っぽい移住」を体感してみる

 

ことで気楽に移住について考え始められるのでは無いでしょうか。

 

長崎県移住体験プログラムの一環です。

 

 

■2015/11/8

 

「100坪980円」だけじゃない 北海道が移住者の呼び込みへ新機軸

 

北海道ふるさと移住定住推進センターでは、地方の仕事の掘り起こしと、

 

それら仕事情報と住まいの情報が集約されたホームページを

 

2016年1月に公開予定とのことでした。北海道の移住の施策は

 

今以上に全国的に有名になっていくと思います。

 

 

■2015/11/2

 

山梨、長野、岡山・・・シニアが住みたい街ベスト20

 

2014年田舎暮らし 移住先人気ナンバー1は何県?のランキングからの記事でした。

 

 

■2015/10/13

 

宅地100坪980円 北海道・深川市、格安販売で移住促進

 

100坪980円とは激安ですね。

 

1年半以内に住宅を建てて住民登録することが条件とのことでした。

 

 

■2015/10/2

 

住んでくれたら特急通勤の料金補助 そんな自治体各地に

 

佐賀市や千葉県いすみ市に住むと通勤補助が有るとのことでした。

 

 

■2015/10/1

 

地方移住=田舎暮らしとは限らない 最適な移住先を見つけるには?

 

 

■2015/9/28

 

「田舎は仕事がない」は大ウソ?若者たちの地方移住が止まらない!

 

地域おこし協力隊について、6割が任期後も定住するとのことでした。

 

定住後の業種内訳は 就業:5割弱し、就農:2割弱、起業:2割弱とのことでした。

 

 

■2015/9/3

<空き家>放置が社会問題に 解体ローン全国で増加中

 

空き家を解体するために、「空き家解体ローン」を取り扱う金融機関が増えているとのことです。

 

 

■2015/8/23

 

「住み替え税制」検討=高齢者の地方移住後押し―政府

 

 

■2015/8/9

 

あの福井県鯖江市に、最大半年間【家賃無料】で移住してみる

 

 

■2015/8/6

 

高齢者の地方移住は可能か?退職移住を呼び掛けた街の今

 

 

■2015/6/24

 

東日本大震災:福島第1原発事故 自主避難者支援、骨抜き 公営住宅入居、国「抽選で」

 

 

■2015/6/11

 

「介護移住」提言、地方の見方/41候補地の横顔

 

日本創成会議は、東京圏での介護需要が、今後10年間で45%増になると予測し
高齢者の地方移住などを提言しています。

 

移住の候補地として、医療と介護に余力のある全国41地域を挙げています。

 

余力のある41地域

函館(北海道)
室蘭(北海道)
旭川(北海道)
帯広(北海道)
釧路(北海道)
北見(北海道)
青森(青森)
弘前(青森)
盛岡(岩手)
秋田(秋田)
山形(山形)
上越(新潟)
福井(福井)
富山(富山)
高岡(富山)
金沢(石川)
和歌山(和歌山)
福知山(京都)
松江(島根)
岡山(岡山)
鳥取(鳥取)
米子(鳥取)
宇部(山口)
山口(山口)
下関(山口)
徳島(徳島)
坂出(香川)
三豊(香川)
高松(香川)
高知(高知)
松山(愛媛)
新居浜(愛媛)
北九州(福岡)
大牟田(福岡)
長崎(長崎)
鳥栖(佐賀)
別府(大分)
八代(熊本)
熊本(熊本)
鹿児島(鹿児島)
宮古島(沖縄)

 

 

■2015/5/29

 

空き家購入男性、豊岡市を提訴 災害警戒区域告げず

 

自治体を信頼して買ったマイホームが土砂災害警戒区域内だった…(動画)

 

空き家バンクを巡るトラブルの掲載が有りました。

 

 

■2015/5/24

 

あなたのまちの地方創生動画大募集!

 

政府広報で、地方創生に関する動画を募集しているとのことです。

 

 

■2015/5/19

農地バンク:貸し付けなど初年度3万ha 目標の2割

 

「農地中間管理機構」(農地バンク)の初年度2014年度)の活用実績は、

 

農地バンクを通じて貸し付けなどを行った農地面積は計約3万1000ヘクタールとのことでした。

 

 

■2015/5/17

 

子育て世代、地方移住 環境充実、自治体支援も続々

 

子育て移住についてです。祖父母の地元に戻ることを「孫ターン」というそうです。

 

 

■2015/4/20

 

土台のシロアリ被害など…危険空き家に判断基準

 

5月の空家対策特別措置法の全面施行に関連して、国土交通省が

 

全国自治体へ以下の様な指針案を提示とのことでした。

 

特定空き家(解体勧告や行政代執行の対象となるもの)の判断基準として

1. 建物の傾き具合が高さに比して20分の1を超える

 

2. 土台のシロアリ被害が著しい

 

3. 強風などで屋根や外壁が落ちたり、飛んだりするおそれがある

 

4. 柱などに亀裂がある

など

 

 

■2015/4/13

 

大手不動産が不正行為か 流出する“爆弾データ”の衝撃

 

 

■2015/4/9

 

首都圏で1千万円以下の戸建住宅が続出、新築も投げ売りで1千万円台の価格破壊

 

任意売却物件をめぐるやり取りです。

 

 

■2015/3/26

 

地方移住者が4年で約3倍、人気上位の移住先はどこが魅力なのか

 

移住したい都道府県は、1位 長野、2位 北海道、3位 沖縄、4位 岡山、5位 千葉とのことでした。

 

 

■2015/3/24

 

空き家バンク:前途多難 県の過疎対策、市町村から懸念の声 来る人断れない/空き巣増える /和歌山

 

空き家バンクに関してマイナスの側面、問題点が掲載されています。移住者を受け入れる側の本音を知ることができる有益な情報かと思います。

 

 

■2015/3/17

 

<空き家問題>所有者に大量DM 文面行き過ぎ、練馬区注意

 

空き家所有者に、ダイレクトメールを送る悪質な商法が有るとのことです。許せないですね。

 

 

■2015/3/9

 

LIXILと東京スター銀行、リバースモーゲージの提供で業務提携

 

リクシルのニュースリリースです。

 

リバースモーゲージや遺言信託(いごんしんたく)などの情報は、利用する/しないに関わらず知っておいても良い情報かと思います。

 

リバースモーゲージとは、自宅を担保にお金を借りて、死亡後に元本返済を行う仕組みです。

 

遺言信託とは、信託銀行に遺言の作成支援や執行を行ってもらうことです。

 

 

■2015/2/17

 

法改正で税金6倍に 「空き家」大量売りで始まる不動産大暴落

 

2015年2月末に「空き家対策特別措置法」が一部施行されます。

 

空き家の固定資産税は、更地の6分の1でしたが、2015年5月からは特定空家等については6倍になります。

 

「特定空家等」とは以下の状態にある空き家です。

 

衆議院 - 空家等対策の推進に関する特別措置法案から引用

 

・そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態

 

・著しく衛生上有害となるおそれのある状態

 

・適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態

 

・その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態

 

 

■2015/2/10

 

2014年田舎暮らし 移住先人気ナンバー1は何県?

 

 

 

■2015/2/9

 

「空き家」そのまま…増え続ける新築住宅 人口減少局面で裏目に

 

空き家バンクの活用が望まれます。

 

■2015/2/1

 

10万円でも売れない“負動産” ゴーストタウン化を招く「空き家予備軍」

 

空き家の査定

60秒で最大6社へ無料査定できます。定期的に査定していると、相場の遷移がだいたい分かりますね。

関連ページ

2018年の空き家・地方に関するニュース
空き家・地方に関するニュース
2017年の空き家・地方に関するニュース
空き家・地方に関するニュース
2016年の空き家・地方に関するニュース
空き家・地方に関するニュース
2014年の空き家・地方に関するニュース
空き家・地方に関するニュース

空き家バンクを探す 戸建ての賃貸を探す 空き家の管理